お家で映画を観る!②Netflixオリジナルの隠れたおススメ映画を5選!

映画紹介
Sponsored Links

どうも、けんせです。

さて今回は、以前やってまだあんま見られてない、こちらの企画の続きです!ちなみに前回はこちら。

Netflixオリジナルのおススメ映画5選!

今回はこちらを紹介していきたいと思います!このNetflix、過去作や新作も豊富にありますが、Netflixオリジナルにはアカデミー賞にも絡むほどの名作がいっぱいあります!「アイリッシュマン」「ROMA/ローマ」「マリッジストーリー」「Okja/オクジャ」etc…

そんな良作がたっぷりある中、今回はそこではなく、隠れた名作ともいうべきものをご紹介していけたらと思います。多分、どれも名前は一度耳にしてる作品ですが、これを機に作品を見てもらえるようにしています!

ところで話は変わりますが、今「攻殻機動隊」の新作アニメがNetflixにあって今見てるんですが、このポスター、この少佐、エロくないですか?あの、なんか、その、ねぇ…

……それじゃあ最後までお付き合いください!

ビースト・オブ・ノー・ネーション

こちらは2015年の作品!アフリカの内戦を題材にした映画です。悲惨な内戦に家族を失った少年が、少年兵となり生き延びる様を描いた作品です。主演の少年アグーを演じたエイブラハム・アタは、この作品でヴェネツィア国際映画祭のマルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)を受賞しました。

監督は、キャリー・ジョージ・フクナガ。日系4世のアメリカ人で、「007 NO TIME TO DIE」の監督に抜擢された方です!007の復習がてら、監督の過去作品もこの機会に是非見ましょう!

バスターのバラード

こちらは2018年の映画!アメリカの西部を舞台に、ジョエル・コーエン、イーサン・コーエンのコーエン兄弟ブラザーズが仕掛ける、6つの章からなるオムニバス映画です。

この映画はヴェネツィア国際映画祭で脚本賞を受賞!この兄弟監督ならではのブラック・コメディが炸裂していて、全編にわたって「死」にまつわる、可笑しくもどこか切ないドラマが繰り広げられます。もともとドラマとして企画された本作を、映画としてまとめ、さらに話がまとまっていて面白いのは流石です!

また、コーエン兄弟はこの撮影のロケが大変しんどかったそうで、もしかしたら今後この2人が手掛ける西部劇は見れないかも…?是非見ましょう!

7月22日

こちらは2018年の映画!監督は「ボーン・アルティメイタム」等のポール・グリーングラス。7月22日というのは、2011年7月22日に起きた、ノルウェー連続テロ事件のこと。

この事件は、ノルウェーの首都オスロの政府庁舎爆破事件とウトヤ島の銃乱射事件が連続で発生し、爆破事件で8名、銃乱射事件で69名、総じて77名もの人命が犠牲となった、戦後のノルウェー史上最悪の事件です。このウトヤ島では当時、ノルウェー労働党青年部による集会、キャンプが行われていて、沢山の若者たちが島にいました。また、この連続テロはたった一人の単独犯によって引き起こされ、史上最大の大量殺人犯が生まれてしまった事件でもあります。

この事件を扱った作品で言えば、「ウトヤ島、7月22日」と言う作品もあります。こちらはこのウトヤ島で起きた銃乱射事件を中心に、劇中の72分間ワンカットで描かれており、未知の襲撃者に訳も分からぬまま襲われる恐怖を体感させる作品になっています。

本作は、テロ事件も扱ってますが、そのテロによる余波などもしっかり描かれています。生存者のその後、いかなる影響があったのかというものがあり、より映画らしくなっています。

中々に重く苦しい作品ですが、素晴らしいので、是非。

ルディ・レイ・ムーア

こちらは2019年の映画!1970年代に活躍したミュージシャンでコメディアンのルディ・レイ・ムーア。彼が製作・主演した、カルト作として名高いなブラックスプロイテーション映画「ドールマイト」。この作品を彼が如何にして生み出していったかが描かれます。

これが「ドールマイト」。

このルディ・レイ・ムーアを、コメディアンのエディ・マーフィが熱演!ここ数年、半引退状態であったエディ。実際のルディも当時はくすぶっており、そこが見事にマッチしていてなんとも言えない感動を呼びます。この演技は絶賛されていて、先にあったラジー賞では汚名挽回賞を受賞!アカデミー賞にも匹敵するなどの呼び声もありました。

このNetflixオリジナルの中には、本作のように最近くすぶっていた役者が再び返り咲くような映画がいくつかあります。アダム・サンドラー「アンカット・ダイヤモンド」もそうですね。このような作品に出逢えるのも、Netflixの面白さかもしれません。

愛なき森で叫べ

こちらは日本が誇る鬼才・園子温監督の映画!実際の事件をベースに、バイオレンスでファンタジーな「ザ・園子温」のような映画です!かなり過激な描写も添混りなので注意!ちなみにこちらは以前僕が考察してる(そこそこ好評いただいています、ありがとうございます)のでそちらも併せて是非どうぞ!

そして!この「愛なき森で叫べ」、本日より何と「愛なき森で叫べ:Deep Cut」というドラマ版が配信されます!

当初はドラマシリーズとして企画されていたそうで、様々なシーンが追加されているんだそう!これはもう一度観なきゃですね…結構大変だ…楽しみです!

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回はNetflixオリジナル映画から、5つ紹介いたしました。

こうしてみてふと思ったのですが、ヴェネツィア国際映画祭は凄く懐がデカいんだなと思いました。Netflix作品しかり、「ジョーカー」しかり、面白い映画はなんでも評価するんだなぁと感じました。

正直、全然紹介しきれてねぇ!新作「タイラー・レイク-命の奪還-」や、フィルム現像所への旅「さようなら、コダクローム」、ロシアのドーピングに迫った傑作「イカロス」、個人的に好きな「ビトゥイーン・トゥ・ファーンズ ザ・ムービー」とか挙げたらきりがねぇ!いつか全部紹介したいな…

このNetflixの紹介、今後もちょくちょくやっていこうと思います!ご感想、ご意見がありましたら、ぜひお聞かせください!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました