アカデミー賞結果発表!激戦必至の第91回!はたしてどの作品が選ばれたのか⁉僕の予想結果もあわせてどうぞ。

アカデミー賞
Sponsored Links

どうも、けんせです。

さあ、先日アメリカにてアカデミー賞授賞式が行われましたね!

1年に一度のアメリカ映画の祭典、今年はQUEENやレディ・ガガとブラッドリー・クーパーらのパフォーマンスがあったり、CM中に発表するしないと豪華だったり慌ただしかったりと騒がせていましたが、ついにオスカー像の行方が決まりました!

あ、ちなみに受賞者を発表するとき、発表者は「and the oscar goes to…」と言います。カッコいいですね。

その結果をまとめさせていただきました!

僕も以前に予想してましたものもありますので、そこも含めて感想も述べさせていただきます!

オスカーノミネートのおさらい!

一応こちらをおさらいしておきたいところですが、先に述べたように以前にまとめたものがありますのでもしよろしければそちらを確認ください!

91回アカデミー賞をけんせが勝手に予想!今年はかつてないほど混迷を極めている⁉日本勢は果たして受賞なるか⁉

ちなみに、実際の発表順はこうなってます。

助演女優→長編ドキュメンタリー→メイクアップ&ヘアスタイリング→衣装デザイン→美術→撮影→音響編集→録音→外国語映画→編集→助演男優→長編アニメーション→短編アニメーション→短編ドキュメンタリー→視覚効果→短編実写→脚本→脚色→作曲→主題歌→主演男優→主演女優→監督→作品

そして、授賞式前は様々なセレブがレッドカーペットを歩きます。ではここでベストドレッサー間違いなしのこの方をご覧ください。

さてでは参りましょうか!

And the oscar goes to…!

というわけで、結果発表!!!

(頭の中に浜田さんを想像してください)

さあ、それでは先程行われた受賞結果を見ていきましょう!

作品賞

グリーン・ブック

長編アニメ賞

スパイダーマン:スパイダーバース

外国語映画賞

ROMA/ローマ

監督賞

アルフォソ・キュアロン(ROMA/ローマ)

主演男優賞

ラミ・マレック(ボヘミアン・ラプソディ)

主演女優賞

オリビア・コールマン(女王陛下のお気に入り)

助演男優賞

マハーシャラ・アリ(グリーン・ブック)

助演女優賞

レジーナ・キング(ビール・ストリートの恋人たち)

脚本賞

グリーン・ブック

脚色賞

ブラック・クランズマン

視覚効果賞

ファースト・マン

衣装デザイン賞

ブラックパンサー

撮影賞

ROMA/ローマ

編集賞

ボヘミアン・ラプソディ

歌曲賞(主題歌賞)

Shallow(アリー/スター誕生)

作曲賞

ルドウィグ・ゴランソン(ブラックパンサー)

録音賞

ボヘミアン・ラプソディ

音響編集賞

ボヘミアン・ラプソディ

メイクアップ&ヘアスタイリング賞

バイス

美術賞

ブラックパンサー

長編ドキュメンタリー賞

Free Solo

短編アニメ賞

Bao(バオ)

短編ドキュメンタリー賞

ピリオド-羽ばたく女性たち-

短編実写映画賞

Skin

おめでとうございます!

個人的な感想!

作品賞はグリーン・ブック

こちらはオスカー前哨戦を見る限りではROMA/ローマが優勢かと思われましたが、Netflixの劇場公開の姿勢がやはり響きましたね…スティーブン・スピルバーグ監督らが「Netflixなどのネット作品はアカデミー賞ではなくエミー賞の対象にすべき」と言った発言もあったので、やはり反発が強かったようです。その対抗馬としてのグリーン・ブックはトロントからかなりの前哨戦で結果を残した映画なのである意味順当、しかし監督賞のノミネートはないのである意味異例な受賞とも言えるでしょう!

個人的には、ブラックパンサーが獲って欲しかったですかね…あれ超好きなんで。あれ獲ってたらとんでもない事件でしたね。しかしブラックパンサーは3部門受賞!この結果、オスカーで最も受賞したヒーロー映画となりました!

グリーン・ブックに関しては作品賞、助演男優賞、脚本賞という主要部門と言われる賞を3部門受賞!3月1日の公開が楽しみです!

 

また、現在日本でも大ヒット中のボヘミアン・ラプソディ今回最多4部門に輝きました!5部門ノミネートで4部門!素晴らしいですね!しかも主演男優賞も!初ノミネートで初オスカーは稀なのですごいことです!主演のラミ・マレックと共演のルーシー・ボイントンは実生活でもカップルでこのキスやスピーチも面白いですね。

ちなみに、編集賞作品賞とも直結することが多いようで、これが発表されたときは騒ついたようです。

また、QUEENのパフォーマンスのラストにはバックスクリーンにフレディ・マーキュリーが!

やはりあの伝説のパフォーマーを熱演したラミ・マレックは素晴らしかったですね!ボヘミアン・ラプソディは現在でも公開中です!

また、作品賞こそは逃しましたが、ROMA/ローマ3部門受賞!アルフォンソ・キュアロン二度目の監督賞という快挙です!今回最多の10部門ノミネートは伊達ではなかったということですね。

またこのROMA/ローマもそうですし、短編ドキュメンタリー賞のピリオドNetflix作品なので、これらネット配信を主にした映画の受賞も、今後の注目となるでしょう。今年もマーティン・スコセッシ監督「The Irishman」など話題沸騰してますので、これらに対してどのように向き合っていくか、今後の注目ですね!

また、ブラック・クランズマン脚色賞を受賞、スパイク・リーがついに念願のオスカーを獲りました!この時、プレゼンターにはサミュエル・L・ジャクソン!受賞を受け登壇したとき、リー監督が思いっきりサミュエルに飛びついてるのがとても好きです!

このシーンが今年ベストでしょう!

また今年は主演、助演ともに女優賞は激戦でした!

助演女優賞はレジーナ・キング。GG賞から最有力でしたのが、ここは誰が獲ってもおかしくなかった!とくにエイミー・アダムスはこれで6回受賞を逃す結果に…

また一番のサプライズは主演女優賞、オリビア・コールマン!下馬評ではグレン・クローズが最有力でしたし、前哨戦もリードしてましたのでこれは全員びっくりしました!しかもこれで7回目の受賞ならず…いつオスカーは彼女の元にいくのでしょうか。

とは言え、オリビア・コールマンもヴェネツィア国際映画祭やGG賞他で受賞しまくってましたので、しかも女王陛下のお気に入りはめちゃくちゃ面白かったので十分納得です!

あと、先日試写で見たスパイダーマン:スパイダーバースも見事受賞!これは前哨戦から圧倒的な強さだったのですが、これがびっくりするぐらい傑作でしたので強くお勧めします!近々ブログもしたためます!

今年はほんとに激戦の年でした!最多受賞はボヘミアン・ラプソディで4部門!続いてブラックパンサー、ROMA/ローマ、グリーン・ブックが3部門と非常に接戦なのが見て取れます。また、スパイク・リーをはじめとした黒人の方々の受賞も顕著なのが見れます。ブラックパンサーはキャストスタッフ含め黒人の方が非常に多いので、これらが真っ当に評価されたとも言えます。ただ先にも述べた通り、Netflix等の台頭も顕著になっているので、このコンテンツが今後どうなっていくのかも注目ですね!

また、日本勢は受賞を逃してしまったのも残念ですね。特に万引き家族に関しては、獲ってもおかしくなかったんですけどね…今年は相手が悪すぎましたね。いつか再び獲ってほしいものですね!

予想結果はどうだった?

さて、アカデミー賞は授賞式までのあいだに何が受賞するのか、予想するのも一つの楽しみです。

ではここから茶番のお時間です。

僕も以前ブログにおいて、一部予想していました。その結果も見てみましょう!

第91回アカデミー賞をけんせが勝手に予想!今年はかつてないほど混迷を極めている⁉日本勢は果たして受賞なるか⁉
第91回アカデミー賞の受賞予想を立ててみました!一応アカデミー賞って何?という人のためにしっかり書きました!

作品賞:グリーン・ブック←的中!

長編アニメ賞:スパイダーマン:スパイダーバース←的中!

外国語映画賞:ROMA/ローマ←的中!

監督賞:アルフォンソ・キュアロン←的中!

主演男優賞:ラミ・マレック←的中!

主演女優賞:グレン・クローズ←外れた泣

助演男優賞:マハーシャラ・アリ←的中!

助演女優賞:レジーナ・キング←的中!

脚本賞:グリーン・ブック←的中!

こんだけだけ予想していました。主演女優賞以外当てたぞ!!!よっしゃあ!!!!

Ay-Oh!!!!!!!!

ムハンマドと呼べ!!!

…等とほざきましたが、正直安パイだったかも(笑)しかも何がムハンマドだよ、外れてるやないかい!

すいませんでした!!!!

 

噂ですと、川崎チネチッタのある社員さんは全部門的中させたとか…すごーい(震え声)

 

次のオスカーの時はもっと当てたいと思います!

 

いかがでしたでしょうか?

さいごやや台無しにした感があるので、お口直しにラミ・マレックと最高の写真をどうぞ。

いやあ、最高でしたね!

ちなみに日本アカデミー賞授賞式も3月1日近づいてますが、こっちのアカデミー賞が楽しみすぎたので、もう予想しません(笑)すいません。ちゃんとあの人に怒られときます。

それでは最後までご覧いただきありがとうございます!

コメント

  1. ひとみ より:

    アカデミー賞に関して、けんせさんのお人柄が物凄く出ているブログだと思います!!しっかり受賞された役者さんにもノミネートされた役者さんにも1人1人に敬意を払っておりますし(^^)/やはりけんせさんのブログは読みやすいです!!わたしも今回のアカデミー賞はかなり熱くなってしまい何度もスマホチェックしてしまいました!(仕事しろ)やっぱりこれからはネット配信云々関係ない時代が来るんですかね間、間のパフォーマンスも素晴らしいし(QUEENのパフォーマンスとかガガ様とブラッドリークーパーの歌とか!)ベストドレッサー賞とベストフォトショットはわたしも同感です!!来年のアカデミーとそれから日本アカデミーも楽しみですね✨
    『万引き家族』と『未来のミライ』にはお疲れ様とありがとうございましたの拍手を送りたいです

    • けんせ より:

      ひとみさん、ご覧いただきありがとうございます!
      しかもこのブログで初のコメントいただきありがとうございます泣

      いや、こればっかりはお祭りですから!仕事もほっぽらかさないとね笑
      ネット配信の映画はすでに傑作だらけですからねー。ただ、映画は映画館での興行の面もあるので、そこが悩ましいところですね。これらの流れにアカデミー賞はどう向き合っていくのかは見ものですね。今年もブラックパンサーの爆発的ヒットを受けて人気部門とか作りかけて大バッシングありましたから。
      日本映画に関しては僕も同意です!非常に盛り上がらせていただきました!

      ひとみさん、今後もご愛読いただけますと嬉しいです!ありがとうございました

タイトルとURLをコピーしました