ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密 ネタバレ無し感想!ミステリーエンタメの新たな快作誕生!

映画感想
Sponsored Links

どうも、けんせです。

2月になりましたね。1日は映画サービスデイなので、一気に観ました!そんな中、とてつもなく面白かったので感想を書いていきます!それがこちら!

ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密

こちらについての感想を書いていきます!この映画、ネタバレ厳禁ですので、基本していません。もしかしたら、熱入ってややしているかも…?まあ、多分大丈夫です。

それでは、いってらっしゃい!

あらすじ

世界的ミステリー作家ハーラン・スロンビーの85歳の誕生日パーティーが彼の豪邸で開かれた。その翌朝、ハーランが遺体となって発見される。依頼を受けた名探偵ブノワ・ブランは、事件の調査を進めていく。莫大な資産を抱えるハーランの子どもたちとその家族、家政婦、専属看護師と、屋敷にいた全員が事件の第一容疑者となったことから、裕福な家族の裏側に隠れたさまざまな人間関係があぶりだされていく。(映画.comより抜粋)

この映画、どうだった?

☆☆☆☆☆☆☆☆

ライアン・ジョンソン最高傑作!純粋に楽しいミステリーエンタメ誕生の瞬間を見逃すな!

 

いやぁ、観終わった後とてもニヤニヤしてました!とてつもなく満足度の高い一本でした!

完成度の高いミステリー

この映画は、本年度アカデミー賞脚本賞にノミネートされているほど、非常に完成度の高いミステリーとなっています!

世界的ミステリー作家が、彼の豪邸で行われた誕生日パーティーの翌日遺体となって発見される。現場の状況からどう見ても自殺であるが、そこに紳士探偵ブノワ・ブランが現れ、にわかに騒がしくなる…まさに往年のミステリーの始まりともいえる、非常に格式ある感じがあります。

 

そしてそこからの展開はまさにノンストップミステリーの文字通り!大富豪の家族全員、どいつもこいつも怪し過ぎて、参っちゃいますね(笑)一癖も二癖もある奴らばかり過ぎて、ブラン探偵も見てるこっちも苦笑いが止まりません!推理をしていく中で彼らの動向、言動も目が離せなくて、素晴らしいです。物語の展開も、屋敷での推理から始まり、果てはカーチェイスにまで!まさに二転三転していく、ハイテンションな仕上がりになっています!

探偵物の醍醐味、ラストに始まるブラン探偵の名推理の独壇場も素晴らしい!ご堪能あれ!

圧倒的に楽しいエンターテインメント!

そしてこの映画は非常に楽しいものになってます!エンターテインメント作品としての純度も相当なものになっていると感じました。

ライアン・ジョンソン監督の持ち味である、ケレン味あふれるスタイリッシュな映像は冴え渡っています。出てくる登場人物のキャラの濃さも尋常じゃありません。現代最後の紳士探偵ブノワ・ブランに始まり、捜査する警察達、スロンビー一家、その家に関わる人々含め全員がキャラ立ち過ぎていて、最高です!嘘付いたら吐くって(笑)クソ食らえってあんた、Language!乱暴な言葉やめなさい(笑)

また、ミステリー作家の豪邸だけあって、豪邸の仕掛けだけでワクワクが止まらない!家にあるものも彼の作品から作られただけあって、これもまた楽しい(笑)そして豪邸に住むワンちゃんも大活躍!これらがどう生かされていくのかも注目して下さい!個人的には冒頭に出てくるあるマグカップ!あのマグカップが、こんなにも痛快になるなんて!

ここに注目してみて!

ここから、個人的に調べてみて面白かったのを紹介していきます。

Knives Outの意味

原題「Knives Out」。これの意味としては、刃物が剥き出しの状態を表しています。喧嘩で考えるとわかりやすいかもしれないですが、最初素手で始まったものとうとうナイフまで出てくる「本気だ」と感じますね。映画内で行われるスロンビー一家の醜い喧嘩とかけて、まさしく監督の本気が感じられる作品です。いやぁ、ライアン・ジョンソン監督、お見事です!スター・ウォーズの時、あんな騒いでごめんなさい!

オリジナル脚本

先にも述べた通り、この映画はアカデミー賞脚本賞にノミネートされているほど、脚本がよく出来ています!

近年、アガサ・クリスティ再びブームが来ているそうで、テレビでも映画でもリメイクがなされているそうです。そんな中、完全にオリジナルで作られた本作はそれらと一線を画しています。それは、古典的なミステリー要素と現代の社会的な要素を素晴らしくミックスされているからです。このような密室物の推理小説は、その家に住む人々の人間関係をよく見つめるものとして描かれています。それを現代の時代に置き換えていて、さらにそこから深く面白くさせているんです。

例えば、かつての豪邸だと執事やメイドなどが、今作でいう看護婦マルタなどに置き換わっています。さらにそこに、マルタが移民であることを足していて、現在進行している問題点をいれている。さらにそこに留まらず、その問題についてリベラルと保守の意見を一家のキャラクターに与えてもう、途方もない(笑)面白さを与えながら、かくもまあ見事に現代要素を昇華させているんです。我々はそのような事に敏感になっているので、しっかりと嗅ぎつけます。だからこそ、あのラストの爽快感が一塩に!…完璧ですね。

最後に

いかがでしたでしょうか?

まさに傑作エンタメともいえる作品です!難しいこと考えず、純粋に名探偵の推理を楽しむも良し、一緒に謎解きするも良し、豪華キャストの乱れ打ちに心洗われるも良し、セーター着たオシャレなキャプテン・アメリカに「クソ食らえ」と罵られるも良し(?)是非楽しんで見てほしい作品です!

個人的には、ブラン探偵がとても好きです!ダニエル・クレイグ007のジェームズ・ボンドから、南部の気取った紳士ブノワ・ブランへ!既に続編が企画されているとのことなので、是非ともブラン探偵の活躍がまた観たいです!

 

あと、なんか抜けてるけど憎めないワーグナー巡査が堪んなかったです!監督作によく出ている役者さんらしいので、続編にも是非出てもらいたい!

映画「ナイブズ・アウト 名探偵と刃の屋形の秘密」は現在大ヒット公開中です!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました