ナショナル・シアター・ライブのすゝめ! 普段めったに見れない舞台を映画館で!アツアツやで!(なんでカメ止めかは言い訳してます。)

NTL
Sponsored Links

どうも、けんせです。

最近「カメラを止めるな!」のBlu-rayとファンブックが届いてカメ止め熱が最熱しつつあるアツアツな今日この頃です。最近寒いですけどね。何の話?

本日は、映画紹介とは少し違いますが、せっかくブログをやっているのでぜひ紹介したいものがありますので、紹介させていただきます。もちろん映画絡みですが(笑)

それがこちら!

「ナショナル・シアターライブ」!

こちら、都内の方ですと日本橋や吉祥寺の映画館に行かれたことのある方でしたら目にしたことがあるかもしれません。ナショナル・シアター・ライブ(通称NTL)は中々珍しいのですが、今回見た舞台が正直今まで見たNTL作品のマイベストになっちゃったので、是非見てほしいし、知ってもらいたいと思ってます。

NTLとは?

少し小さいんですが画像の通りです。

英国のロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した舞台映像を映画館で観れるものになってます。つまりイギリスの舞台を日本で、映画館で見れるんです!すごく熱くないですか?

イギリスは言わずもがな演劇王国。シェイクスピアをはじめ、様々な演劇が作られ、いまやハリウッド映画でも欠かせないイギリス人俳優の多くは舞台演劇出身。つまり演劇の最先端で上映された舞台を、しかもその中で傑作と名高い舞台を、映画館で見れるんです!

どんな魅力があるの?

とはいえ、演劇と聞くと足が運ばないかもしれません。確かにチケット代は高めに設定されてます(一般3000円、学生2500円)。ただそれを上回る素晴らしさがあるんです。アツアツポイント、いくつか説明させていただきます!

キャストが熱い!

はい、これはアツアツです、すごいです。やはり何かを好きになるにはミーハーになるべきですので、手っ取り早くこれから話します!

イギリスの舞台ですので、イギリスの俳優女優だらけです(言い方よ)。画像にも上がってますが、ベネディクト・カンバーバッチ!彼のハムレットが見れるんです。他にもアンドリュー・ガーフィールド、トム・ヒドルストン、マーク・ストロング、ミシェル・ウィリアムズ、ダニエル・ラドクリフ、ベン・ウィショーなど、他にも沢山いらっしゃいます!この方々が舞台で素晴らしい演技を披露されています。これだけでもう必見ですよね?

演目が熱い!

こちらもアツアツ!先述した通り、ハムレット等シェイクスピアの作品や、「フランケンシュタイン」や「戦火の馬」、「欲望という名の電車」など映画にもなっているものも上演されてます(元が舞台作品なので必然といえばそうですが)。映画とはまた違った解釈で上演されるのも魅力の一つです。

他にも、野外演劇だったりミュージカルもあったりと演劇のスタイルは自由でいっぱいあります。これも見てて楽しいですよ!

また上に紹介している「ハングメン」、こちらを作ったのは、マーティン・マクドナー。…聞いたことありませんか、この名前。映画好きな方ならわかる方いらっしゃるでしょう。今年公開された「スリー・ビルボード」の監督・脚本の方です‼これは中々レアケースですが、俳優同様、映画とは違うものを見れる貴重な機会です!

一期一会が熱い!

これ、どこがアツアツかというと、このNTL、なんと円盤にならないんです!権利問題があるので、できないといったほうが正しいかもしれません(今年本国が50周年の記念で作られたものがありますが、かなり昔のをDVDにしてるみたいです)。

今年の夏、池袋の方でアンコール上映があって多数上映されました。しかしやはりずっとはできないそうです。上映期間も短い(今回も一週間限定!)し、上映地も限られてます。ただ、だからこそ見れた時の高揚感は一塩ですし、どれも傑作と名高い舞台ですし満足感も格別だと思います。また、舞台なので映画よりも役者さんの演技をビシビシ感じることができるのも一つ魅力だと感じてます。

舞台はライブなので、そのお芝居の演技は生の力があると思います。その一瞬に立ち会える、まさに一期一会だと思いませんか?    そうですか。

今後の上映予定は?

現在は「ナショナル・シアター・ライブ2018」として、今年の1月から7作品(一本だけ前後編になってますので上映本数は8本ですね)上映されてます。

今やってるのが、「フォリーズ」!

 

こちら、今上映されてる作品です。で、今まで見てきた中でマイベストです‼

豪華絢爛な舞台、名曲だらけのミュージカル、輝きまくってる役者陣…最高!ガチで見てほしい!

今は吉祥寺オデヲンで上映されてます。お近くの方、興味ある方は今すぐ見てきてください!12月13日(木)までです!

吉祥寺オデヲン : JR吉祥寺駅東口徒歩1分 ( 総座席数719席 )

また今後の作品は、

「ヤング・マルクス」「ジュリアス・シーザー」

残りはこの二作品ですが、どちらも面白そうです!

「ヤング・マルクス」は2017年にオープンされた新劇場「ブリッジ・シアター」の杮落しとして上演されたコメディです。杮落し作品なんて見たことないです。ちょっと期待してます。

「ジュリアス・シーザー」はこちらも同じく「ブリッジ・シアター」の第二弾。画像にもありますがベン・ウィショーがブルータス役で出演している、豪華キャストでおくるシェイクスピア史劇です。これも楽しみですね!

今ふと思いましたが、作品によっては劇場が同じ場所だったりするんです。いっぱい見てるとそこの楽しみもあるかもしれませんね!これもアツアツでしょう!そうしとこう。

もし見れるならこれもおススメ!

先ほど調べたところ、なんとシネリーブル池袋で、アンコール上映が12月15日から始まります!すごく嬉しい!で作品などはこちらを見てください。

近日上映作品 | シネ・リーブル池袋

そこで、このラインナップからおススメをいくつか紹介したいと思います!参考にしていただければ幸いです。

まずは「フランケンシュタイン」!

こちら僕が初めて見た作品です!ベネディクト・カンバーバッチとジョニー・リー・ミラー(「トレインスポッティング」のシックボーイ!)がフランケンシュタイン博士役と怪物役を交互に演じてローレンス・オリヴィエ賞主演男優賞を受賞した作品です。ボンドガールのナオミ・ハリスも出てますよ。

「フランケンシュタイン」はあまりにも有名ですが、映画のクラシックモンスターのようではなく、原作に割と忠実に作られてます(映画だと、ケネス・ブラナーが監督したものがそうでした)。

そしてなんと演出はダニー・ボイル。「トレインスポッティング」「スラムドッグ$ミリオネア」の監督が手掛けた舞台です。ぜひ見てみてください!

続いては「一人の男と二人の主人」!

こちらはコメディとなってます。正直言います。めちゃくちゃ面白いです!ゲラゲラ笑ってしまいました。コメディの中では最もぶっ飛んでると言っていい作品です!

主演のジェームズ・コーデン(最近だと「オーシャンズ8」に出演されてる方です)がとにかく面白い。舞台を縦横無尽とはこのこととばかりに暴れまわります。あと、確かこれ野外舞台だったはず(確証ないんかい!すいません…)まあ、とにかくスーパー面白いので見てください!

続いては「夜中に犬に起きた奇妙な事件」!

こちら、一見するとどんな物語か見当もつきませんよね?ただ、これ非常に面白かった!「フォリーズ」が来るまではこれが一番好きでした!

並外れた頭脳をもつ15歳のクリストファーは、その才能を活かして隣人シアーズさんの犬を殺害した犯人を探そうとする、という物語。中々難しそうな話に感じるかもしれませんが、とても爽やかです!本作は「違い」についてのお話なんです。真相を知りたい方は是非見てください!

最後は「アマデウス」!

こちらも「フランケンシュタイン」同様、説明不要なほど有名だと思います。名前は聞いたことある人多いんじゃないでしょうか?僕も映画で見て凄く面白かったです。これももとは舞台の演劇だそうです。

これはお話ももちろんよくできてますが、オーケストラの使い方が、とてもスタイリッシュ!こんな感じは正直観たことないです!ここも注目のポイントです。

あと、これに関しては映画よりもずっと気迫が感じられるんじゃないかと思います。サリエリ役の鬼気迫る演技は必見です!

 

いかがでしたでしょうか?

今回はNTLに関して色々書いてみました。中々観に行くの難しいかもしれませんが、絶対面白いと思います。ぜひ興味をお持ちになられたら、劇場に足を運んでください!これが少しでもお役に立てたら幸いです。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

2020新作ラインナップ | ntlivejapan

 

コメント

  1. […] 映画好きのfree BILLBOARDSナショナル・シアター・ライブのすゝめ! 普段めったに見れない舞台を映画館で!…https://mirokuunchained.com/%e3%83%8a%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%8a%e3%83%ab%e3%83%bb%e3%82%b7%e3%82%a2%e3 […]

タイトルとURLをコピーしました