狩りの時間 法のない世界ほど恐ろしい!2020年話題の韓国映画!

映画感想
Sponsored Links

どうも、けんせです。

今回は、現在Netflixにて見れるこちらの映画についてお話していきます。それがこちら!

狩りの時間

こちらは2020年の韓国映画!今年の第70回ベルリン国際映画祭で韓国映画初となるスペシャル・ガラセレクションに招待された作品です!「パラサイト 半地下の家族」で注目を集めたギウ役のチェ・ウシクが出演してることでも話題になりました!

本作は紆余曲折の末、4月23日からNetflixにて配信が開始されております!韓国映画は日本での公開が遅い中、話題作がいち早く見れるということで早速鑑賞してきました!その感想をネタバレ無しで!あと、この映画の紆余曲折についても調べてきたのでお話します。どうか最後までお付き合いください!

あらすじ

希望のない都市、刑務所から出所したジュンソクは家族のような友人チャンホとギフン、サンスと共に新たな人生のため危険な現金強奪に挑む。しかし未来へのあふれる期待も束の間、正体不明の追撃者が現れ、命を懸けて彼らを追いかけ始める…

この映画、どうだった?

★★★★★★

ハラハラドキドキのディストピア・サスペンス!

役者陣の渾身の演技がとにかく光る!

この映画は、とにかく韓国若手俳優陣による演技合戦が凄まじい映画です!韓国役者の層の厚さは凄い…

ディストピアSF×クライムサスペンス×友情

この映画は、ディストピアの未来都市を舞台に、様々な映画の要素が入った映画です。

舞台は、荒廃した近未来の韓国。この時代ではウォンが暴落し、IMF(国際通貨基金)の介入により米ドルが主流となってます。このIMFとかのお話、話題になった韓国映画「国家が破産する日」を髣髴とし、その後の韓国を表してるのかなと思うとチクリときます。

この世界ではが流通し銃撃事件が後を絶えなくなってるのも、「アメリカ化」した結果なのでしょうか…これが韓国の人が思うディストピアなのでしょうかねぇ…

そんな中、3年の刑期を終え出所してきたジュンソクは、刑務所で知り合った人物からのおいしい話を仲間のギフンとチャンホに話し、自らの夢を語ります。しかし、その実現のためには大金が必要。そこでジュンソクは、同じく仲間のサンスがバイトしてる違法賭博場を、4人で強盗する計画を明かします。ジュンソクに借りがある3人、チョンホは希望を、ギフンは不安を、サンスは渋々、それぞれの思惑がある中、強盗を決意します。入念な下調べ、着々と準備するシーン、明るく未来を語り合う若者が犯罪の世界へ一歩踏み入る様は、僕も好きな衝撃の実話をベースにした「アメリカン・アニマルズ」のようです。

そして、いざ賭博強盗へ!この違法賭博場は、ヤクザ組織が経営しているので、ここのシーンはあの「ダークナイト」の有名なオープニングの様!あっちはマフィア関連の銀行でしたが、屋上からの侵入や音楽も含め、すごく重なり、とてもハラハラするシーンです。まさしく、彼らの狩りの時間です。

そして、見事に成功した彼ら!後はこのまま新天地へ…と思いきや、ある謎の男が。途中でハンと明かされるこの男が、彼らの周りの人間を次々殺していきます。そして、容赦なく殺してきます。マフィアとも警察とも関係なく殺しに来る様は、まさに無法の世界の狩人。ここからはハンの狩りの時間。これはあの傑作「ノーカントリー」のアントン・シガーや「ターミネーター」のT-800さながら、容赦なく徹底して追い詰めてきます!

 

このように、ディストピア世界を舞台に、ありとあらゆる展開が巻き起こり、一時も息をつけないサスペンスフルな物語が楽しめます。美味しいとこ全部取りのディストピア・サスペンスなんです。

新天地への出発は、次の日の夜。襲ったヤクザや警察も入り乱れる中、果たして、彼らは男の追撃から無事に生き延び、新たな世界で人生をやり直せるのか…?狩りの時間が終わることはあるのか…「法のない世界ほど恐ろしい」是非ともその目で確かめてください!

役者陣の熱演は圧巻!

本作の最大の見どころは、犯人グループ4人とそれを追う男の5人の演技合戦!この5人、皆さん韓国のこれからを担う若手俳優さんです!最近の映画だと、チェ・ウシクの「パラサイト」はじめ、イ・ジェフンは「金子文子と朴烈パク・ヨル」の朴烈、パク・ジョンミンは「それだけが、僕の世界」のサヴァン症候群のピアニスト、オ・ジンテで出演され、どちらも非常に強烈でした!

左から、ジュンスク役のイ・ジェフン、チャンホ役のアン・ジェホン、ギフン役のチェ・ウシク、サンス役のパク・ジョンミン、ハン役のパク・ヘス

彼らのそれぞれの個性が光りつつ、素晴らしい演技を披露しあってます。特に、ハン役のパク・ヘスの怪演は凄まじい!一応、全員30代とほぼ同世代ですが、ひときわ異彩を放ってます!

このハンの登場から、物語が劇的にすごくなるのは言わずもがな、彼につられて他の方々の芝居も凄みを増しています。

とくに、ジェンスクが覚悟を決めるシーンは圧倒的!死の覚悟と言えば「トイ・ストーリー3」のゴミ焼却炉のシーンがえぐかったです(アニメならではの描写で、人の芝居で比べるのはあれかもですが)が、本作もすごく唸ります!

他にも、ギフンの別れのシーンのグッとくる様、彼ら4人がハンに怯える様の凄まじさは圧巻!これだけ演技ができるなんて…韓国、恐るべしです!

ここに注目してみて

ここからはこの映画にまつわるお話をしていきます。

韓国で裁判沙汰になった?

「狩りの時間」の公開には、かなりのいざこざがあったのをご存じでしょうか。

本作はベルリン国際映画祭で華々しくデビューを飾った後、本国で2月26日から劇場公開が予定されていました。

ところが、現在パンデミックとなっているコロナウイルスの影響で、公開が延期となります。期待作だっただけに、やむを得なかったでしょう。

その後3月23日に、本作の配給会社Little Big Picturesは、劇場公開せずNetflixにて全世界190ヶ国以上を対象に4月10日から単独公開することが発表されました。劇場再開のめどが立たない中、人気作なだけに劇場公開よりもNetflixの方が多くの観客を集めて興収も確保できるので、お互いwin-winの関係だったことでしょう。

ところが、本作は海外セールスがすでに行われており、約30ヶ国に先行販売がされていました。このことから海外セールスを担当した会社CONTENTS PANDAが二重契約だと訴え裁判となり、結果4月8日に裁判所から「CONTENTS PANDAは『狩りの時間』に対する海外販売独占権限を維持する」という勝訴判決が出ました。これにより、本作の公開が一時保留となりました。多くの映画ファンが落胆したでしょう。

これは、Netflixの作品公開の方式が従来の映画館興行とは大きく異なることで起きた問題です。Netflixはその性質上、世界中にサービスを提供することになります。ところが映画館興行となると、世界中に映画を売るためには配給会社が海外セールスを行う必要があり、このセールスを代行するために専門の会社を挟むことが多くあります。今回の裁判は、配給会社がすでに海外セールス会社に海外販売を委託していたのに、コロナによって勝手に海外販売を辞めNetflixと契約したために起こったんです。中々、難しい世界ですね。

カンヌがNetflix作品を締め出したり、日本でのみジブリ作品が配信されない(ジブリ作品の多くが海外ではNetflixにあるんです!)のは、こういうこともあるんですね。

しかし、裁判に勝ったとはいえ現状はNetflixの公開方式の方が利点が多くあったため、改めて契約され、4月23日に公開がされる運びになったのです。

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は、「狩りの時間」についてお話させていただきました。

映画「狩りの時間」は現在Netflixにて独占配信中です!

緊急事態宣言が延長となり、益々ストリーミングにお世話になりそうです。これからもたくさん見ていきます!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました